大阪市港区の歯医者

〒552-0003
大阪府大阪市港区磯路 1-1-1
JR環状線・大阪メトロ中央線「弁天町駅」から徒歩8分

診療時間
9:30~12:30 × ×
14:30~18:00 × ×

△:14:00~17:30
※最終受付時間は30分前になります。
休診日:水曜・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

06-6572-4182

当院の虫歯治療

痛みの少ない治療への取り組み

痛みが苦手なために歯科の受診をためらっている患者さまを、一人でも多く救いたい。当院ではその想いから、なるべく痛みを感じさせない、痛みの少ない治療に取り組んでいます。

例えば、麻酔注射の針が刺さる時の痛みを少なくするために、歯ぐきに塗るタイプの「表面麻酔」を使用。歯ぐきにあらかじめ麻酔をかけるため、注射を打つ時の痛みが和らぎます。また痛みを感じにくい場所に麻酔を打つことでも、痛みの軽減を図っています。

そして麻酔液は、少しずつ時間をかけてゆっくりと注入。これは、少量ずつゆっくりと麻酔液を注入していくと、体への刺激を減らして痛みを感じにくくできるためです。

なるべく歯を削らない治療

歯は削れば削るほどもろくなり、虫歯が再発しやすくなります。患者さまの歯を長持ちさせるためには、なるべく歯を削らないほうが良いのです。そこで当院では、虫歯に侵されていない健康な歯の部分をなるべく削らず、虫歯の部分だけを削る「MI(ミニマルインターベンション)治療」に取り組んでいます。

う蝕検知液

はじめに、虫歯に侵された部分だけを識別する「う蝕検知液」という薬剤を使用。虫歯に侵された部分を明確化してから歯を削るため、誤って健康な歯を削りすぎることがありません。また同時に、虫歯の部分を取り残すことがないのもメリットです。取り残しがないことで、虫歯の再発リスクも低くなります。

ダイアグノデント

虫歯をレーザーで検知し、数値化して診断する装置「ダイアグノデント」を使用。肉眼では見えにくい部分にある虫歯も確認できます。歯にレーザーを当てるだけの検査であるため、歯を傷つけることもありません。

実は、初期の虫歯は唾液の働きやフッ素塗布により、修復したり進行を止めたりできる可能性があります。ダイアグノデントを使った検査で本当に削る必要がある虫歯なのかを見極め、初期の虫歯には進行を抑制する処置を行い、なるべく歯を削らずに済むようにしています。

コンポジットレジン

虫歯を削った部分には、健康な組織を削る量が少なくて済む「コンポジットレジン(歯科用のプラスチック)」を詰めて修復する治療を行っています。レジンは白い素材であるためお口の中で目立つことがなく、さらに金属アレルギーの心配もありません。

患者さまの歯を少しでも長持ちさせるために、こうした工夫で「なるべく削らない治療」に取り組んでいます。

虫歯治療の流れ

虫歯の検査

検査器具やレントゲンで、虫歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

虫歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

虫歯の部分を取り除く

虫歯の病巣を取り除きます。歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

虫歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

虫歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

ご予約はこちら

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

06-6572-4182

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:30~12:30
午後:14:30~18:00
△:14:00~17:30

※最終受付時間は30分前になります。
休診日:水曜・日曜・祝日

06-6572-4182

〒552-0003
大阪府大阪市港区磯路 1-1-1
JR環状線・大阪メトロ中央線「弁天町駅」から徒歩8分

医療法人碩生会みなと通り歯科クリニックでは一緒に働いてくださる仲間を募集中です!